集客 マーケティング

サイト集客を成功させるための5つの要素とは?

Webサイトを作成したけれども、全く集客ができない。

こんな悩みは、ブランド力が乏しい中小企業ほど抱えがちだ。Webサイト自体は、Wixなど簡単に作成できるサービスや持続化補助金などを使って経費を削減することができる。そのため、Webサイトはどんな規模の事業主でも作成することは簡単になった。

問題は、そのWebサイトで集客ができることであり、それを達成するための成功要素として、今回は5つだけに絞り込んで提示する。もし、サイト集客に成功していないと思って見ている事業主がいれば参考にして欲しい。

1.サイト集客は広告とセットで運用する。

Webサイトを持つことが集客に繋がると思っている事業者は無数に存在している。残念ながら、サイト集客は、Webサイトに集客をしないと実集客には繋がらない。なぜなら、作成したばかりのWebサイトには、訪問者が存在しないからだ。
自然流入は、オウンドメディアを併せて運用し、SEOを行うなどしないと増えることがない。これ以外の対策では、その他のマーケティングを行い認知度を高めるしか存在しない。

すぐに新規顧客の集客をWebサイトで実感したければ、広告をかける必要性がある。それは、Google広告なのかFacebook広告なのか、何が売り物で予算がどのくらいなのかで大きく異なってくる。

広告をかけないと長期戦になることは覚悟しなければならない。

2.検索してもヒットしない。

"content is king."という言葉がある。これは直訳すると「コンテンツに勝るものはない。」という意味だ。

内容が乏しすぎる上に、基本的な設定ができていないこともあり、検索にヒットしないWebサイトをよく見かける。そんなWebサイトは、共通してサーチコンソールの設定がなされていない。つまり、検索に対する対策を全く考慮していない作成しただけのWebサイトだ。

・titleタグやmeta discriptionタグ、記事内の共起語の適切な出現
・充実したコンテンツの内容量
・内容にそった適切な階層の区分け

最低限、上記の3つは確認した方が良い。

共起語とは

特定のキーワードと関連性が高い単語のこと。共起語が一定基準で含まれれば、そのキーワードのことを説明していることになる。

WordPressを組み込んでいる場合は、WordPressをSEOを強化するための12個の重要な設定方法を参考にして欲しい。

3.着地点が不明確である。

"出口のない迷路になっていないか?"

サイト集客の大原則は、役割を明確にすることだ。例えば、テイクアウトを予約する目的の場合は、着地点は電話もしくは決済になる。

オウンドメディアのコンテンツ作成にも関わることだが、コンテンツ作成は入り口と出口を繋ぐ通路のような存在でなければ意味がない。訪問者だけ増やしたところで、目的が達成できないコンテンツを増やしても時間の無駄になってしまうことが多いからだ。

着地点を明確にすることで、コンテンツの作成の方向性も明確になる。サイト集客の成功には、コンテンツを読み終わった後に、着地点になる行動を惹き起こしてもらえなければ全く意味がないのだ。

4.興味を持てない。

基本的な消費者行動は、AIDAである。認知して、興味を持って、購入に至る。

サイト集客で認知を広告で賄うとすれば、Webサイトの役割は興味を持たせることにある。

例えば、飲食店のWebサイトなのに、どのメニューが名物なのかもわからない、店内写真がないため雰囲気がわからない、そもそも画像自体が汚いことがある。これでは、シズル感を煽られているわけではないし、用途を目的にした利用ができない。つまり、予約のしようがないことに気がつかない飲食店も多い。

写真は、その分野の撮影に特化したカメラマンを利用するべきだ。また、コピーも体裁に拘らず、興味を示すようなものに置き換えることで、反応率を改善することが可能となる。

参考:消費者行動モデルAIDMA(アイドマ)のマーケティングへの活用方法

5. webサイト以外のマーケティングを怠らない。

Webサイトの作成だけが、インターネットのマーケティングだけではない。

結局は、TwitterやFacebookなどのSNSも活用したり、Googleマイビジネスで最新情報を更新するような活動を併用することが、結果として顧客を増やす。

ほとんどの事業主は、これらを個別の施策として扱っているが、成功する事業は、全て一貫性のあるマーケティングとみなしている。

どれをやれば良いではなく、見込み客が十分に獲得できる見込みのあるものは積極的に活用することが重要である。

サイト集客の成功は、魅力を伝える伝道者の完成にある。

サイト集客の成功は、その事業の魅力を十分に伝え、興味を持たせることにある。

もちろん、作成した初稿のWebサイトが目標を達成できるかはテストをしてみないとわからない。この場合は、Google広告やFacebook広告で実際に訪問者を誘導してみればわかる。成約数と成約率、実際にそこから経由した売上を計測すれば、そのサイト集客が成功しているかはわかる。

もちろん、サイト集客が事業を行う上でのゴールではない。人気のある商品やサービスに成長させ、利潤最大化を達成するためには、手法はプロセスに過ぎない。

コンサルティングのお申込み・お問い合わせについて

ご予算に応じたコンサルティングや施策の実施が可能です。ご不明な点も含めて、是非お問い合わせください。

詳しくはコチラ

-集客, マーケティング

© 2020 SuccessPartner