マーケティング

ステップメール「アスメル」の使い勝手・評価・機能について解説

メールマガジン

ステップメールは特殊なケースも想定して別のメール会社のメールマガジンシステムを活用していましたが、結局アスメルに戻しました。

オウンドメディアやリスティング広告などのWebマーケティングが主流になりました。中小企業ほど営業の効率性を求められるようになり、その関係で、リードをいかに自動で顧客化するのが課題になっています。その代表的な方法が、ホワイトペーパーを使ったリードジェネレーション(見込み客の創造)であり、ナーチャリング(顧客育成)です。ナーチャリングに活用するツールが、ステップメールです。

ビジネスにとって顧客獲得は何よりも優先されるもので、成約率が低いのであれば死活問題になり得ます。また、リストの構築はビジネスの基本です。例えば、季節的に売上が下がってしまう時に、顧客を集客する時には、非常に効果的です。リストがないと、メールも遅れず、競合他社も出している広告に頼らざる得ません。

今回は、ステップメールの中でもおすすめできるアスメルの紹介をいたします。

コスパの良いステップメール「アスメル」をチェックする

詳細をいますぐ確認する

ステップメールとは?

ステップメールとは、ホワイトペーパーなどの特典のダウンロードなどのアクションを実行したユーザーに対して、予め用意したメールを設定したタイミングで配信するマーケティング手法の一つです。メールの設定とスケジュールの組み合わせをシナリオと呼び、適切なシナリオを用意することで目的達成の効率性を上げるのがステップメールの最大の目的になります。

そもそもなぜステップメールが必要なのか?

特に、オウンドメディア時代だから言えることなのですが、オウンドメディアはSEOで順位を向上させること自体が目的ではありません。あくまでこれらの施策はマーケティングの一環だからです。マーケティングの一環であれば、顧客の獲得が目的になります。

ただし、オウンドメディアに限らず、リスティング広告を使って直接製品やサービスを販売しようとしても成約に至らないケースが増えています。そのため、顧客化を円滑にするための対策が必要になってきます。それが、特定のテーマのホワイトペーパー(無料オファー)でリード(見込み客リスト)を作るリードジェネレーションと情報を提供することで理解度を高めるナーチャリングです。

ステップメールは、このナーチャリングの役割を担います。もっとわかりやすい言葉でいえば、適切に設定されたステップメールを介することで商品やサービスはもっと売れるようになります。

また、この仕組みのセールスを導入することで、リードが構築されるため、販売の機会創出につながります。実際にステップメールを介することで、通常の営業のみを仕掛けるパターンよりも成約率が2倍程度の向上します。どの程度改善するのかは、リードの質、シナリオの質、メールの到達率、タイミングによるところが大きいです。

ステップメールとマーケティングオートメーションツールのどちらを選択するのか?

ステップメールの話題になると、マーケティングオートメーションツール(MAツール)の話題が並びます。MAツールは、リード獲得から成約までのマーケティングのプロセスを詳細に設定することができます。一つのツールで完結できることがメリットであり、必要以上な操作の乱雑さはありません。

ただし、最も重要なことはツールが精密であっても使い方がわからなければ意味がないという点です。MAツールの導入においては、機能が使いきれないことが理由で、コストダウンを検討する企業も多いようです。

ステップメールを導入することは、パッケージとして成立するMAツールよりも安価にWebマーケティングを運用することが可能になります。MAを実施したいと考えた場合、予算が足りない、効果を実感してからMAツールを導入したいのであれば、ステップメールを選択するのが良いでしょう。

ステップメール「アスメル」の使い勝手は?

マーケティングツールで最も重要な要素は、求める機能の要件を満たすことでもありますが、日常的に活用するツールほど使いやすくなければなりません。

ステップメールのアスメルの構造は非常にシンプルです。

シナリオの作成は必須項目を設定します。その後作成するフォームの必要な項目を入力します。「メールアドレス」は必須です。必要に応じて「名前」や「住所」などの項目を設置します。シナリオごとに登録件数などが分かりやすく分けられています。

ステップメール「アスメル」の評価は?

ステップメールの施策は、リードの質、シナリオの質、メールの到達率、タイミングの4つが成功と失敗を分けることになります。

システムとして関係性があるのは、メールの到達率になります。

メールは100%届けられるものだと思われがちですが、実は、システム内のエラーでメールがそもそも配信されなかったり、docomo、au、SoftBankなどの各キャリアが設定しているフィルターにブロックされる可能性があります。また、フリーメールの場合、開封率が低い送り主のメールはプロモーションや迷惑フォルダに振り分ける自動機能が備わっています。

アスメルはリーズナブルな金額で、シナリオ無制限、配信回数無制限のステップメールです。また、ステップメールの先駆けの存在でもありますので、古くから使い続けているユーザーも多いです。

そして、問題になってくるのは、共有IP型であることです。これは、複数のユーザーでサーバーやIPアドレスを共有しているため、共有しているユーザーの影響を自分も受けてしまう可能性があります。実際通常のプランでは、そこまで到達率が高くありません。例えば、フリーメールや各種キャリアのメールが混在してしまうと、ほぼ届いていないと考えても良いでしょう。

リードジェネレーションの注意

共有サーバープランを選択した場合、届かない可能性のあるメールアドレスの登録が多いと望ましくないため、ドメインメールで登録をするように促さなければなりません。実際、そんな注意書きをしたところで、無視する人も少なくありません。

もし、日常的にメールを配信するのであれば、到達率が低いのは望ましいことではありません。

そのため、上位プランであるプラチナNEOの導入を考えるべきです。プラチナNEOは、料金が8,888円(約9,000円)に値上がりしますが、専用IPプランに切り替わります。これにより到達率が跳ね上がります。

専用IPを使ったメール配信システムは複数ありますが、ステップメールのシナリオが一つしか作成できなかったり、従量課金制(配信したメールの件数で課金)がほとんどです。複数のホワイトペーパーを用意することで複数のマーケティングを設定する場合、シナリオが複数用意できることが前提になります。

それを考慮すると、アスメルのシナリオや配信メール数無制限のまま、専用IPにできるのは他にはないサービスになります。

コスパの良いステップメール「アスメル」をチェックする

詳細をいますぐ確認する

※ただし、プラチナNEOの申し込みは、保有している専用IPまでとのことです。

ステップメール「アスメル」の機能とは?

アスメルの魅力は、シナリオ数が無制限であること、メール配信数が無制限であることです。そして、リストを構築することができるため、様々なマーケティングに活用も可能です。

①シナリオ数無制限

シナリオ数が無制限であることの魅力は、例えば、オウンドメディアに複数のホワイトペーパーを用意して、それぞれにステップメールを仕掛けることができるからです。

ニーズごとのリストを獲得することができ、関連した商品のセールスに結びつけることも可能です。

もちろん、リスティング広告を併用した場合、リスティング広告にもステップメールを仕掛けることが可能です。Webマーケティングを積極的に仕掛けるのであれば、ステップメールのシナリオは、10個では足りなくなります。

②メール配信数無制限

次に重要になるのは、メール配信数無制限であることです。メールマガジンシステムでは、メールの到達率を維持するため、毎月のメール件数によって利用料金が変わる従量課金制であったり、リストの登録件数によって料金が変動する課金体制をとっているところが多いです。

もちろんのことですが、毎日のようにメールを配信した場合、従量課金制では料金が跳ね上がります。メール配信数無制限であることは、固定費として計算することができるため、安心して積極的に活用ができることになります。

③獲得したリストはCSVで管理可能。その他のマーケティングにも転用可能

ステップメールを活用する理由の一つでもあります。LINE公式アカウントのメリットは、メッセージの受信側と送信側が使っているサービスが一緒であるため到達率がほぼ100%である点です。しかし、欠点としてはリストが手元に残らず、何らかの理由でのアカウント停止および関連する別事業への転用ができないことにあります。

獲得したリストは、CSVの形でダウンロードが可能であれば、別シナリオで関連製品をセールスする場合に転用が可能です。

BtoBのWebマーケティングを実施するのであれば、ステップメールは必須。

MAツールをすでに契約している場合を除いて、リードの構築と成約率の向上をセットで実施できるステップメールはWebマーケティングを実施しているのであれば必須になります。

メールマーケティングは時代遅れとされがちですが、そもそもマーケティングオートメーションでもメールを使います。表面上の言葉の古さだけでは振り回されない方が良いでしょう。そして、ステップメールのシステムの前提としては高い到達率が必須になります。

これらの前提を踏まえると、コンサルティングやWebサービスを主軸にしているビジネスでは、アスメルのプラチナNEOがおすすめです。プラチナNEOのお申し込みは、アスメルの通常版を契約後、管理画面から申請をします。

コスパの良いステップメール「アスメル」をチェックする

詳細をいますぐ確認する

オウンドメディアで獲得できるアクセスの質もマーケティングの成功の鍵になります。オウンドメディアの運用に関する記事は以下の記事を参考にしてください。

コンサルティングのお申込み・お問い合わせについて

ご予算に応じたコンサルティングや施策の実施が可能です。ご不明な点も含めて、是非お問い合わせください。

詳しくはコチラ

-マーケティング

© 2020 SuccessPartner