マーケティング

MEO対策には詐欺が多いから気をつけて!

マーケティングプロデューサーの小形です。

最近は、最新のSEOとしてMEOの営業がかけられがちですが、MEOの言葉自体は10年以上も前から存在します。MEOは正しくはローカルSEOと呼び、地図上でのビジネスリスティングの順位を上げる行為だったり、スマホ上の特定のキーワードで露出する方法だったりします。

これらの営業電話がかかってくる場合は、注意してほしいことがあります。それは、成果報酬費用のサービスではないかということです。

基本的にパーソナライズ化やスマホでの検索が一般化されている検索では、順位の計測方法があやふやになりがちだからです。また、上位表示が集客に直結するのかはまた別のお話になりますので、価値があるかわからないような対策に結果的に莫大な費用になりがちな成果報酬制のサービスを導入するのはリスクが高すぎです。

MEO対策とは?

例えば、ラーメン店などの検索を行います。この場合、全国のラーメン店を検索しているわけではなく、近隣の美味しいラーメン屋さんを探していると検索エンジン側が勝手に判断します。その結果、その近隣のラーメン店の情報を表示します。

通常の検索よりも上部の部分に地図と連動して3箇所だけ特にオススメの店舗が表示されます。また、これ以外にもグーグルマップでキーワードを検索した時に、より上位に表示されることで、認知を促すことが期待できます。

言ってみれば、これらのトータルのパッケージの対策がMEO対策になります。

MEO対策において頭に入れておくことは以下の点です。これを前提にして、お話します。

MEO対策は検索キーワードによって順位が異なります。

検索地点によって、順位が異なります。

口コミの件数、誰が口コミをしているのか、総合評価でも順位が異なります。

Web上で、どの程度話題になっているのかでも順位が異なります。(サイテーションが優れている。)

成果報酬制MEOが詐欺の理由

実は、私の所にも自社サービスとして、MEO対策サービスの代行を売り込みにきている業者は何社かあります。

基本的な設定は無料

順位によって成果報酬。上位表示された日数で金額が発生

口コミはあらかじめ用意されたアカウントで実施し、星の数を調整すること

サイテーション対策として、保有しているメディアなどで紹介

概ね以上のようなサービスです。しかし、実際は以下のような理由で、これらは正直微妙なサービスに該当します。

検索地点や過去の行動によって上位表示が異なるから。

今はスマホで検索することが普通ですので、検索する拠点がシーンごとに異なるのが一般的です。また、過去の検索行動によっても順位が異なります。

例えば、店内で検索をしてみます。対策を十分に実施していれば、表示順位はどの検索結果でも1位になります。逆にそこから30キロ離れた地域で、エリアとジャンルを掛け合わせた検索を実施します。この場合、表示されないことがあります。

最近はSEOの仕組みもそうなのですが、検索する拠点によって検索結果が異なります。このことから、検索の対象拠点によって、成果報酬の発生が変わることになります。

例えば、順位保証の場合、その計測方法についてしっかり聞かなければなりません。

口コミがわざとらしい。そして、悪評を増やすトリガーになるから。

口コミをつけるサービスがありますが、これ自体規約で禁止されている行為です。しかし、グーグルの取り締まりが甘く、実際は、MEO対策と言う名称で偽りの口コミをつけるサービスを行なっている企業はたくさんあります。

上記が口コミのサンプルになるのですが、褒め方がホームページからの抜き出しの情報をベースにしており、主観的ではありません。ちなみに、実名でコメントされているのですが、口コミは1件のみ、そして、フェイスブックなどでも検索されません。

グーグルで口コミをつけたことがある人ならばわかると思いますが、賞賛のために1件だけ口コミをつけるということはしません。するのであれば、クレームです。賞賛の口コミが1件だけという時点で、このアカウントは、良い口コミを書き込むだけに作られたアカウントであると自分で自己紹介をしています。

これらのサービスを利用すれば、星の数がよくなると思ってしまいますが、実際は逆です。

作成された良い口コミをみて、実際のサービスを受けたことのある人が実際の口コミを書き出します。基本的に誘発されるのは、悪い口コミです。その結果、上記の口コミが付いている歯科医の口コミは、作成された口コミだけの段階では、4.5程度の評価がありましたが、2.5程度まで点数が下がっています。

お金をかけてやるほどの対策はしていないことが多いから。

本格的な対策を実施しているところは、サイテーション対策まで請け負うこともありますが、基本的に実施していることはグーグルマイビジネスの完璧な設定及び口コミへの対策です。成果報酬制となると、上位表示までの期間を長く取れないこともあり、上記のような不自然な口コミが多数を占めるようなおかしなビジネスリスティングになる可能性が高いです。

その方法については、「グーグルマイビジネスの設定方法、無料でできるMEO対策及び口コミの増やし方」の方で解説しておりますので、まずはここに書いていることを愚直に実施した方が良いでしょう。

成果報酬には、やってはいけないものとやっていいものがある。

例えば、一休.comのような媒体も成果報酬制を取っていますが、人気の媒体です。なぜなら、これは顧客獲得につき固定比率の成果報酬金額を支払うからです。そのため、大変わかりやすく、店舗側にもリスクはありません。

それに対して、順位表示の成果報酬などは、そもそもそのキーワード自体は、集客できるキーワードなのかわからないため、そこに成果報酬を支払うのは、確実に高くつきますし、費用対効果を悪くする原因にもなります。最近は、成果報酬に上限を設置する企業も増加していますが、グルメサイトなどと違ってキーワードを自由に選び直せるわけでもないので注意が必要です。

MEO対策は、屋号を検索した時に一番上に表示されるウェブの看板とも言える箇所の対策になりますので、悪質性の高いサービスを受けてしまうと巻き戻しがつかなくなりますので、注意を払いたいところです。

コンサルティングのお申込み・お問い合わせについて

ご予算に応じたコンサルティングや施策の実施が可能です。ご不明な点も含めて、是非お問い合わせください。

詳しくはコチラ

-マーケティング

© 2020 SuccessPartner