WordPress

WordPressで会員制サイト・オンラインサロンを構築する方法

コンサルタントの収入を稼ぐ方法として、直接コンサルティングを実施することもありますが、時間を切り売りしているため、収入が一定の所から伸び悩んできます。

そこで、1対1のサービスではなく、1対Nの多数を相手にする方式で対応できる客数を増やし、サブスクリプション(月額制)にすることで売上を安定化させたいと思うわけです。

そこで、あれば望ましいのが会員制サイトです。塾のような特定の場に集まって学ぶ方式にすることがサービスとしてわかりやすいのですが、これはサービスを受講する側に時間の確保と移動を強要してしまうデメリットがあります。

会員制サイトを構築し、動画などで学べる形式にすることで、これらの問題を解決します。

会員制サイトの構築方法

会員制サイトで求められる機能は、IDの生成は管理者側しかできないことやログインなしに内容を閲覧できないことにあります。

この機能を実装するプラグインがTheme My Loginです。現在、Theme My Loginは有料ライセンスが必要です。

会員制サイトに使うWordPressをダウンロードし、設定を行い、テーマを適用します。
テーマに関しては好き好きですが、WINGのような利用サイト数に制限がなくわかりやすいテーマを持っておくと会員制サイトでも利用できるので便利です。

Theme My Loginでは専用の拡張機能があり、高度な設定の会員制サイトを作成することができます。有料ライセンスを購入し、Licensesに設定し、有効化することで利用が可能になります。

IDの発行は、ユーザーから行います。ほとんどの場合は閲覧するだけですので、購読者の権限を付与します。

動画はVimeo の有料プランを利用する。

次に動画なのですが、WordPressのプラグインには、WordPressのサーバーにアップされている動画ファイルを再生するものもあります。しかし、動画ファイルは基本的に容量が大きいものですので、サーバー内にはアップロードせずに、動画サービスを活用することが一般的です。

Youtubeは、アクセス権に独自の課金を行うことは利用規約で禁止されています。そのため、動画を会員制サイトで利用する場合は、課金ができるVimeoの有料プランを活用します。

決済システムはどのようにすれば良いか?

WordPressで決済システムの作成も可能ですが、サブスクリプションを適用するとなるとどうしても複雑化してしまいます。できるプラグインはあっても日本人向けでなければ導入するだけ無駄です。

また、会員制サイトと決済を自動連携するのは難しいため、構築するよりも既存のオンラインサロン向けの決済サービスを活用した方が早いです。

まとめ

WordPressのプラグインTheme My Loginを使うことによって会員制サイトの構築ができます。WordPressのその他の機能も活用できますので、会員制BBSなどの機能も実装できます。

また、動画配信サイトにする場合は、Youtubeでは規約違反になりますので、Vimeoの有料版を利用します。

WordPressに関連する記事

Exit-intent Popupは効果があるのか?WordPressでの実装方法を解説

WordPress通販プラグイン「Welcart」の特徴およびメリットと留意点

WordPressプラグインとは?

コンサルティングのお申込み・お問い合わせについて

ご予算に応じたコンサルティングや施策の実施が可能です。ご不明な点も含めて、是非お問い合わせください。

詳しくはコチラ

-WordPress
-,

© 2020 SuccessPartner